住宅などの問題解消に必要な工事|修繕作業ポイント

変化を楽しむ

庭のプランニングも自由にできるのが外構関連の商品の多様性

狭義の意味の外構工事は、敷地境界線の堀や壁、門扉といった外構設備の工事となりますが、多くの場合はエクステリアと同義語として用いられており、堀や壁だけでなく、表札やアプローチ、住宅外壁に至るまで外構工事の対象となります。 ガーデンに関しても同様で、外構工事に含めます。近年はガーデニングブームもあって、数多くのエクステリア商品がガーデニング工事にも用いることが出来ます。例えばガーデンルームを設けるのも、よくある外構工事の一例です。デッキやテラスとは違って、ガーデンルームはパネルカーテンを設けており、日差しが良くて風邪が穏やかな日はカーテンを使わずにそよ風を外で浴びることができ、寒い日や風邪の強い日にはカーテンを閉めたりできます。 他にもウッドデッキやサンルームといったものを設けることも外構工事なら出来ます。

外構工事と修繕工事の類似点や競合点を知ってから施工する

住宅の外部にある構造物全般の設置や撤去、改造などを行うのが外構工事ですが、それと類似・競合するものに修繕工事があります。修繕工事は主に既存の構造物の機能や外観を維持するために行う工事となります。 修繕工事は例えば、庭園灯の故障を修理したり、外壁のヒビ割れやクラックをパテなどで埋めたり、外壁シーリングシールの剥がれを直すために、新たに購入したシーリングシールと交換したりといった工事内容です。 外構工事が新たなエクステリア商品の設置や撤去、改造などを行うことが多いのに対して、修繕工事はあくまで修理や修復にあたる工事となります。そのため共に外構設備の維持という面では共通している工事ですが、その施工内容はかなり違って来ます。

↑ PAGE TOP